代金軽減で破格給与縮小

仕事場がマネージメント不振になり、賃料短縮ということで給与を節減されました。なんと報酬の3分の1。どう考えたっていままでと同じようなライフスタイル、お金感覚でやっていけれるわけがありません。
今は結婚していて父親と共働きなので、すぐに路頭に面食らうことはないですが、自由に使えるお金は大幅に減りました。今までは積み重ねをしたうえで、でもそこそこ使える単価が残りましたが、今は積み重ねもできないしし、小遣いも破格減、1か月3万円です。普通にしていればなんとかなるのですが、それぞれに飲み会に誘われたり、病院に行ったり、世帯のバースデイなどのお手伝い買ったりしたら一気にその月は急場に陥ります。
住居に混ぜるお金も切り落としました。その分半に分担していた所帯を、身が多めに引き受けることにしています。
なんで何十階級もまじめに働いてきて、きちんと記録も出してきたのにこんなことになるのか、本当に悲しいし悔しいです。自分たちの役目を棚上げし、マネージメント不振の役目を世の中や風土の力不足にするマネージメントらをぶん殴りたいくらいです。
唯一の救いは、父親が100%認識を示してくれて協力してくれていることです。プラスが減ったことに不平一つもいわず、「従来何度も助けてもらったから、今度は自分が支える番。次返してくれればいいよ」と言ってくれます。本当にありがたいです。父親がいなかったら絶対に乗り切れない難局です。父親がいて得るなら、とりあえずもう少し頑張ろうと思います。東京で全身脱毛するならどこの脱毛サロンがおすすめ?