メークしたまま寝てしまった翌朝のスキンケアの経路

ボクはとても面倒くさがり屋なので、夜メークを落とさずに寝ることもしばしばあります。
メークを落とさず寝てしまった翌朝は表情が痒くなったり、ただでさえ乾燥肌なのに粉をふいたり…
そういった日光の早朝の非常時スキンケア法をご紹介します!
まず初めにすることは洗顔。普段はオイルクレンジングでガシガシ洗い流しますが、お肌にダメージを受けている早朝はミルククレンジングを使って丁寧に落とします。オイルの方が落ちは早いですが、乾燥してしまうので。その後は洗顔。これはイプサの物を使っています。イプサの洗顔は表情がつっぱる趣きが控えるので愛する。
その後はアッという間にプログラム!普段は早朝のプログラムはサボリーノを使っていますが、この日はTBCのプログラムを使います。こちらのプログラムは重たすぎず、さらっとしていてメーキャップに衝撃がでないので早朝の消耗もオススメですよ!
プログラムを10パイ程行った後は…ここが要所。SK2のフェイシャルトリートメントエッセンスでコットンプログラムをします。こちらはお値段がかけるので、普段はコットンプログラムはしませんが、皮膚の調子が悪い時は必ずコットンにたっぷり浸してコットンプログラムします。これをするだけで肌荒れが改善され、インパクトもあるように感じます。
後は秘める軽めの乳液を付けて終了。お化粧の前には必ずティッシュで余分な水分を抑えてから土台を塗ります。こういう最初エネルギーを取り入れるだけでメークリズムが良くなります。
メークを通じて寝てしまった翌朝のスキンケア施術を推薦しました。脱毛石鹸kstop口コミ悪い?マギーも愛用?