なぜ老後が不安なのか

老後の資産設定とか、老後のくらし破綻を招かないためにとか、昨今よく耳にするふれこみです。実際わたくしが「アラ還」といわれる世代であるため、余計にアンテナに引っかかってくるのかもしれません。ただしそれにしても局や読み物の特集が頻繁に備わるようになったのは、そんなに古い事ではないように思います。長所は色々だと思いますが、まず言えるのは高齢化のテンポでしょう。少し前なら老後というと、辞職後の20数年を限界に入れればよかったのが、今では90年を超えて尚、元気でいらっしゃる方も珍しくは有りません。まずはいかほど設定すれば安心して暮らしていけるのかを感じ取る時期、不思議と己は少なくともスタンダード寿命くらいは通じることを前提としてある。何故か己は長生きすると思い込んでいることが多いのではないでしょうか。そこから、上何層分として計算したときにyesyes円足りないに関してに愕然として不安な気持ちになるのではないでしょうか。逆に自分の余命が分かっていれば、そこから金額が割り出され、必要以上に不安になることもないというのです。金額は確かに大切ですが、お墓にまで導くことはできません。作家の向田邦子君の御身内側のつぶやきで興味深かったのが、向田君ストックの事です。不慮の災難で亡くなられた向田君の遺品のセッティングをしたところ、あんなに売れ筋だったパーソンからは仮想も出来ないくらいのストック残金だったとか。作文や嗜好の先のために惜しまず、それこそ葬儀値段くらいの分だけを遺し、却ってデラックスと思わされたそうです。独り身を通した向田君もののマネが簡単にできるとは思いませんが、潔い金額とのリレーションパーソンとして、強く印象に残っています。http://beautifulstory.sakura.ne.jp/%E9%85%B5%E7%B4%A0/%E4%B8%B8%E3%81%94%E3%81%A8%E7%86%9F%E6%88%90%E7%94%9F%E9%85%B5%E7%B4%A0%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%80%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%82%AC%E3%83%AC%E6%98%8E%E7%BE%8E.html